何でも無料となるとサービスの質が低下するのではないかと勘ぐってしまいますが、プログラミングスクールに限っていえばそうではありません。

もちろん不特定多数の誰でも受けられるようなものは選考がありませんので、その分質の低い授業になることが予想されますが、事前にテストを受けて合格した人のみが利用できるような無料のプログラミングスクールはその後に就職することが前提となっていますので授業の質もレベルの高いものになっています。無料の場合は大まかに2つのパターンに分けることができ、一つはプログラミングスクールを運営する会社にそのまま就職する流れです。

そのため、合格した時点で選考に通過したようなものであり、その会社で働くのに必要なスキルを効率良く身につけることができます。独学で学ぼうとすると非常に大きな労力が必要になりますし、自分で就職活動をしなくても既に入社できることが決まっている状況ですのでとても便利です。もう一つはエンジニア系の会社から出資してもらって運営を行っているプログラミングスクールであり、この場合は出資先に受講者を斡旋することが約束されています。

カリキュラムを終えるとそれぞれに合った会社が紹介されますので、そこを受けることになります。就職することが前提となっていますので、学んだ後は個人事業主として働きたいなどと思っているような人は利用することができません。きちんと条件が合致しているかを考えた上で利用することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *