プログラミングを習得するのは、英語を習得するようなものです。

英語は中学校から義務教育として習います。単語から文法まで、基礎から始めて少しずつノウハウを貯めていきます。キーセンテンスとして出てくる英文は丸暗記して、体に無理やり浸透させて覚えていくことでしょう。単語も雲の数ほどありますので、だんだんと覚える量も増えて来て大変です。文法も難易度が増すと覚えても応用が効かなくなるため、きちんとした理解が必要です。

長文の英語は読解力までも必要のため、国語の能力も少なくとも必要になります。英語はこうやって大学入試の関門を突破していくのです。プログラミングも同じような対策が必須です。義務教育にはないため、小さい時から、コンピューターを経験する人たちは圧倒的に少ないかもしれませんが、スマートフォンやタブレットの発達でほぼ同じような機器に日常から触れられるようになったため、コンピューターへもそれほど偏見がなくなったでしょう。

基礎をきちんと学ぶにはスクールに通い、深い理解が要ります。スクールはコンピューターの基礎から実機を使って教えてくれるところを選ぶのがよく、頭で覚えるだけではなく、体で体験して記憶するのが大事です。その後にプログラミングを丁寧に学習して、実機演習とともにスクールで身につけるのが理想です。若いうちからやっておくと、理解の深まり方も違うため、是非英語の塾に通わすのと同じようにプログラミングもスクールに通わせると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *