ソフトウェアを開発するためには開発言語と呼ばれるものが必要です。

コンピュータを動作させるためには、それぞれのハードウェアに対して適切な信号を送ってやれば良いのですが、それらは人間に非常にわかりにくいものです。基本的には電気信号によって情報がやり取りされますから、それらの電気信号を制御していくことは、ほぼ無理だと言ってもよいでしょう。できたとしても、例えば画面に一つの文字を表示させるだけで多くの時間を要します。

コンピュータの内部の電気信号を人間が全て把握して、それに対して命令を行うのは非常に難しいですから、その間を担ってくれるものが必要となります。わかりやすく言えば翻訳をしてくれる人のような存在が必要となるわけです。それを担うのが開発言語です。開発言語を用いれば、人間にもわかりやすい記述によってコンピュータを制御できます。実際には開発言語で記述したものを、コンパイラと呼ばれるソフトウェアによって変換することが必要とされます。

人間がすべての信号を記述するよりも、いくつかのまとまった命令を利用することによって、ハードウェアの物理的な制御は簡単になります。開発言語は様々なものが開発されていて、有名なところではCやC++、Javaなどがあります。パソコンでは多くのソフトウェアを利用することができますが、これらのソフトウェアは開発言語を用いて作られているものがほとんどであると言ってよいでしょう。
プログラミングスクールのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *