パソコンはいろいろな使い方のできる優れたもので、ひとつのパソコンに様々なアプリケーションをインストールして使うことができます。

アプリケーションはいろいろなメーカーが開発していますが、どのパソコンで使うことができるのかを明示しています。同じアプリケーションがすべてのパソコンで使うことはできないのです。開発と言っても、パソコンには様々なものがありますから、それらの一つ一つに対応させていくには時間がかかりすぎます。かつてはそれぞれのハードウェアに対してひとつのソフトウェアを開発すると言ったことが行われていたのですが、現在のところはいろいろなハードウェアに対応したものを作れるようになっています。

それを可能にしたのがOSです。OSとは、オペレーティングシステムの略で、ソフトウェアの一種です。ハードウェアを司る最も基本的なソフトウェアと言えるでしょう。OSは異なるハードウェアにもインストールすることができ、同じOSがインストールされたものであれば同じような動作をします。

ですから、あるOSに対応しているアプリケーションを開発すれば、そのOSがインストールされている多くのパソコンで利用できるために、開発の効率が上がるというメリットがあります。OSには開発環境が提供されているものもありますから、優れた技術や知識を持っている人にしか開発できないわけではありません。ある程度の知識があれば開発が可能で、開発したものは同じOSで動かすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *