ソフトウェアはコンピュータ上でいくつかの段階があります。

かつては、ひとつのハードウェアに対しては専用のソフトウェアが開発されていましたからこのようなことはなかったのですが、現在ではサーバもパソコンも汎用的な目的で用いられるようになっていて、いろいろな目的で利用できるようにいくつかの段階にわけられています。最も基本となるソフトウェアがOS(オペレーティングシステム)です。これはコンピュータの基本的な部分の操作を担っているものです。

画面への表示やマウス、キーボードの操作、その他のハードウェアを正しく動作させるための機能を持ちます。具体的にはWindowsやMacOS、Linuxなどがあります。汎用機を使うためには、まずOSをインストールします。OSの上に導入されるのがアプリケーションソフトウェアと呼ばれるものです。ワープロソフトや表計算ソフト、ブラウザなどがあります。これらは、OSの機能を利用していろいろな動作を行います。ですから、OSによって使うことのできるアプリケーションソフトウェアは異なっていると言ってよいでしょう。

購入する際には、自分が利用しているOSに対応したものがどれなのかを把握しておく必要があります。Windowos版やMaC版、Linux版と言ったように、開発メーカーはどのOSに対応しているものなのかを明示しています。また、Windows版のみを提供すると言ったこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *