ソフトウェアは、ハードウェアの堆肥として用いられます。

コンピュータは物理的に見ればCPUやメモリなどのパーツから構成されています。このように形のある部分をハードウェアと呼びます。単純な機械であればハードウェアだけでも動作するのですが、何らかの命令系統を必要とするものの場合には、ハードウェアだけでは動きません。プログラムなど、一連の動作を記述したものをソフトウェアと呼びます。パソコンで言えば、パソコンの本体は物理的なパーツの集合から構成されていますが、実際にそれらを動かすためにはOSなどが必要となります。

このOSはハードディスクやフラッシュっメモリに記述されることが多いです。OS自体は形を持たないもので、これはソフトウェアとして扱われることになります。他にも、アプリケーションなども同じように扱われます。他にも接頭語として用いられることもあります。例えばDVDを再生させるプレーヤーは、それ自身で再生させることができますが、パソコンでも再生することができます。パソコンで再生させるためにはエンコードの処理をすることが必要となりますが、その処理を行うエンコーダーはハードウェアとして提供されるのではなくて、ソフトウェアとして提供されます。

このような場合に、ソフトウェアプレーヤーなどと呼ばれることもあります。専用の機械で処理されるものではなくて、パソコンなど、汎用的なコンピュータで処理される場合を指します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *