ソフトウェアの業務案件が取れたとしても、いきなりプログラミングを始められる訳ではありません。

開発手法を決定し、それに従って仕事を進めていく事になります。その中で一昔前、あるいは今でも残っているかも知れませんが、ウォーターフォールタイプの開発方法があります。ウォーターフォールタイプというのは読んで時の如くで、水が上流から下流へ流れていくところから名付けられた開発手法です。具体的にはまずは顧客へのプレゼンテーションがあり、業務として受託開発が書面等で正式に決定されれば、業務についてのヒアリングが行われ要件として定義するフェースに入ります。

そしてその過程が終了すれば、基本設計や詳細設計、あるいはこの時点でテスト設計等も行われる事があります。そしてプログラミングが行われ実装に移り、テスト設計に則したテストを実施し、その結果をドキュメントに纏めて、クライアントに提出する必要があるかも知れません。この方法はシンプルでわかりやすく、建築業界等で採用されている模様です。しかし、ソフトウェア開発は人間が行う行為に違いありませんから、それぞれの前工程を見直す為に、手戻りをするという事が念頭に置かれていないのです。そうして出来上がったソフトウェアは、クライアントが要求した物であるとは限りません。

つまり現実には、事実上使用するに耐えない物になる可能性が高kなります。そこでアジャイルタイプの開発方法という物が、開発されました。それはウォーターフロントとは異なり、クライアントの担当者の負担は増えるかも知れませんが、先に挙げた要求分析や設計、あるいは実装等を、分断してクライアントの担当者に確認を得ながら実行していくというものです。変化にも柔軟に対応出来るので、これからのスタンダードとなる要素を秘めて開発方法であると言えるでしょう。ですから結果的に、ユーサーが満足の行く物を作る事が出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *