新たにソフトウェアを作成するという場合、直ぐに統合開発環境等を使い、開発を始めるというのはご法度です。

一般的には受託開発等で請け負った仕事の場合、顧客からのヒアリングにより要求分析を行った後、規模に関わらずにきちんとしたソフトウェア設計が必要になります。それはプロジェクト成功の鍵を握っていると言っても、良いかも知れません。例えば、適切なプログラミング言語の選定や、開発した成果物を操作するユーザーはパソコン初心者の様にキーボード入力をせずに、マウスやタッチスキャナ等のデバイスのみで行うのか等のユーザーインターフェースも考慮する必要があります。

また、仕事を依頼して来た企業の経営者や担当者は、ソフトウェアの事を良く認識していないケースもあるので、仕様変更は度々あるものと考え、出来るだけ柔軟に開発が出来る様にする事が大切です。更に言えば大規模なプロジェクトでは、特定のプログラミング経験のあるプログラマを、複数のパートナー会社等から呼び集めて、業務を遂行するというやり方で仕事が進められる事があります。そして、一旦全ての作業が完了しプロジェクトが解散になると、作成したプログラマーと連絡を取るというのは困難な場合が多いでしょう。よくあるのはプロジェクトが解散になった後に、コスト削減等を理由にシステムのリニューアルを依頼される事があるかも知れません。

その時にソースコードしか存在しないと、それを読み判断するしかありませんが、どう考えても理解に苦しむ部分が出てくるかも知れません。またこれが本番運用されているとなると、白紙の状態からコーディングをしたくても出来ないという事が起こり得ます。ですから拡張性や保守性、あるいは当該のプログラムがどの様な機能を果たすのか等を文章によって書き残して置く必要があります。つまり、ソフトウェア設計はそれだけ重要な工程だという事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *