普段様々な場所で使用されるソフトウェアは、目的を達成する事が重要な役割りの一つですが、使い易さも利用者の利便性を考える上で大切ですから、設計する側の工夫や態度が完成品の質や評価に関わります。

ソフトウェアには表面的な部分と内部の二面性があり、見えない部分は必要ないと考えられますから、自動的に進行する箇所は隠された上で動作します。しかし、全く確認出来ない状態であれば、使用者は不信感を持つのに十分な理由となりますから、一般的なソフトウェアは進捗状況を表示する事によって、処理の待ち時間を伝えたり不要な不安を与えない仕組みが用いられます。

どの程度進捗を伝えるかは、ソフトウェアの開発者に任せられていますし、細か過ぎれば目に付くノイズに変化するので、重要性に応じて表示する情報のバランスが考慮されています。設定出来る項目を別画面に押し込むか、メインのメニューに用意するか選ぶのもソフトウェア次第で、直ぐにアクセスが行える設計なら便利ですが、項目が増加すると把握が難しくなる難点が生まれます。

画面構成やメニューのカスタマイズ性は、柔軟に使い勝手が決められる自由度を高めますが、初心者にとっては逆に不便が感じられたり、混乱を招くリスクが内包されますから、この辺も慎重な検討が必要な繊細さがあります。予め数パターンの構成が用意されていたり、初心者用と上級者向けなど、モードを切り替える試みも行われていますから、開発する側の負担は増加する物の、従来より洗練された製品が多く登場しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *