時代の流れと共に大きく進歩し日々変化していく技術は、時に私たちの生活を大きく一変させることがあります。

時代の転換期とも言われる第二次世界大戦後の日本は、製造業を中心として壊滅的だった経済状況から不死鳥のごとく甦り先人たちが残した高い技術力を継承した現代では世界でも類を見ないほどの技術大国とも言われるようになりました。しかし、現在の日本の工場で機器を製造しているものは人間ではなく産業用ロボットです。

人間よりも早く正確に効率よく仕事ができることから現代の工場では人間が不要となり、ロボットだけが稼働して生産している状況となっています。結果として、製造業はロボットの独壇場となり人の手はそれほど必要なくなりました。人工知能が現れた現在、これらは様々な分野で広く活用されておりサービス業から事務職まで幅広い職業が影響を受けるとされています。

そんな中、将来私たちが何の職業をするべきなのかを考えた時に注目されているものがプログラミングです。これは、パソコンなどのプログラムを作成する作業の事で、日本の小学生の必須科目にもなったものです。今後は、ネット技術者を中心とした人材の育成を政府としても後押ししている状況となっています。プログラミングスクールの数は日々増加しており、その需要は小学生だけではなく現在働いている社会人にも及んでいます。プログラミングスクールで資格を取得し、次の就職先ではその資格を活用した職に就きたいという方が沢山存在します。資格の取得や、プログラミング会社への就職斡旋まで行うスクールも存在するほど高い関心が集まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *