近年書類の作成やファイル管理といった作業をパソコンを行うのは当たり前になってきました。

それと同じように誰でもプログラミングに関する知識やノウハウを持っていることが、当然の時代になると言われています。家電製品や自動車といった身の回りのアイテムにおいてインターネットなどの機能を持たせた「インターネット・オブ・シング(IOT)」という概念が登場していて、遠隔操作を利用した制御処理などを開発する機会が増えており、プログラミングスキルを持つスタッフの需要は増加中です。

需要の多さに比べるとプログラマーは人材不足の状態になっていて、このような現状から既に海外ではスクールではプログラミング教育を教科として取り込んでいます。未来のプログラマーを育成する流れがあり、ヨーロッパにおいて多くの国ではスクール教育にこの授業を取り入れています。日本では2020年からスクールの授業として義務教育化が検討されていて、国語や算数などのように基礎知識として認知される日も近いでしょう。

IOTが広がることによってビジネスにはこれまで以上に必要なスキルが求められ、技術者はもちろん営業やマーケティングスタッフなどもさまざまなサービスを理解しながら改善するためプログラミングに関する知識が必要になります。特にビジネスシーンにおいてプログラミングスキルを活用する場は増えることは確実で、学校教育を受ける世代はもちろん保護者世代も学んでおくといろいろなメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *