プログラミングとは、コンピューターに指示を与えることです。

コンピューターは、ロボットのように動くのでどのように動いてほしいかをちゃんと指示する必要があります。つまりコンピューターに、どう動いて欲しいか伝えることをプログラミングといいます。学ぶメリットは、プログラミングスキルを身に付けると世界が広がります。現在プログラマーの需要は高く、英語をしゃべることができれば活躍の場を、一気に広げることができるのです。

しかしデメリットもあり、プログラマーとして働いていくには一般的に、1年以上の学習期間が必要になってきます。プログラムを学ぶためのスクールもあります。プログラミングスクールでは、プロの講師陣に就職までに必要な技術を教わっていくことになります。そこでは就職に必要な資格を取ることができます。スクールでは就職の準備から、模擬面接まであらゆることをサポートしてくれるのです。

プログラマーになると次のような職業に就くことができます。それはシステム開発会社・ウェブ制作会社・ソフトウェア会社・ゲームソーシャルゲーム会社などが挙げられます。中には仕事先を1カ所とせずフリーランスとして活躍する人もいます。このように現代社会において、様々なシステムがあるためプログラマーの活躍の場は多岐に渡ります。プログラミングと聞いて何か難しそうな、イメージをもたれる人もいるかもしれませんが、技術を学んで続けていくことで必要な事は学んでいくことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *