2020年の教育改革にて、小学校でのプログラミング教育必修化が目前に迫りプログラミングを習い事にと考える親御さんが増えています。

現在小学生の子供がいる保護者は学校でのプログラミング教育を経験していない世代で、全く見当のつかない教科が増えることに不安を感じ、習い事でカバーしてゆこうとする考えの方が多く首都圏主要都市だけでなく全国にスクールが乱立しています。プログラミングスクールの月謝は子供の習い事としては比較的高いものが多く、一般家庭では厳選してスクールを選ばなくてはなりません。

習い事ですので、自宅からの距離や開催曜日や時間はもちろんのこと、大事なことは講師との相性です。せっかく高い月謝を払っているのに、相性が合わず子供が通うことを嫌がり、肝心の学校の授業までも嫌いになってしまっては本末転倒です。子供の性格をよく見極めて、相性の合うスクールを選ぶことが大切です。どのスクールでも定員に空きがある場合は体験をさせてくれるはずです。

有料・無料は様々ですが、実際に体験してみて子供が楽しく生き生きと参加できているようであれば大丈夫でしょう。もし、嫌そうにしていたらまだ習うタイミングではないのかもしれません。「習わせたい」気持ちを抑えて、子供が興味を持つまで待ちましょう。それまでは自宅のパソコンを開放して遊ばせてみても良いかもしれません。グラフィックでイラストを描くだけで、興味は広がるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *